国際結婚からの離婚


近年、ますます増加傾向にあるのが国際結婚です。愛があれば、国籍も肌の色も関係ないし、気にすることではないと思うのは当然のことでしょう。

しかし、結婚するカップルと同じ数だけ離婚している夫婦が多いのも事実です。日本人同士でも、いざ離婚となると相当のエネルギーを費やします。ましてや国際離婚ともなると言葉の壁だけではなく、ふたりの間に扶養している子供がいれば尚更、解決までの道のりは大変だと言えるでしょう。

トラブルが起こりがちな国際離婚について説明します。国際結婚をする際に、お互いの出身国に婚姻届けを提出するのが一般的です。そして、離婚する時には、もちろんそれぞれの国に離婚届けを出さなければいけません。

しかし、日本人同士の離婚であれば、離婚届一枚だけで受理されるものも、国際離婚となれば、相手の国籍で提出書類の内容などに違いがありますので、事前に役所などに確認しておくことが必要です。

ビザを取得している場合には、離婚後すぐにビザが切れてしまうことはないはずですが、引き続き、その国に定住するつもりならば、ビザの更新などの手続きを忘れないようにしましょう。

このように、国際離婚では「紙切れ一枚でさようなら」などと簡単にことは運びません。
子供がいれば国をまたいで手続きする内容も多くあります。

自分だけで解決することが難しいようであれば、早い段階で弁護士に依頼することをおすすめします。そのときのポイントですが、国をまたいでの交渉が続きますので、母国語以外の言語を話せる国際弁護士に依頼することが大切です。